ふたしずく

札幌発。アラフォーOLのお弁当とダイエット。

*

2016年9月12日 鳥照サラダ丼

   

生食用のかぼちゃを手に入れまして。
サラダにしたいなー、でもさすがに体が冷えるなーと悩んだわけです。
10分悩んだら、とりあえず丼にしちゃえと考える安易な考え。

味見したときは、ちょっと面白いな程度だったんですよね。
ちょっと青くて甘みも薄く、キュウリっぽいなぁと。
照タレで軽く浸かるとどうなるんでしょうか。
‥葉物は確実にアウトだろうな (^◇^;)

  • 鳥照サラダ丼
Sponsored Link

意識高い系の女子がよくサラダを食べてますが、私から見ると「ないわー」なんですよね。
体は冷えるし、十分な栄養をとれるだけの量は食べれないし。
だいたい、消化器にかかる負担が現代にアンマッチじゃないですか。

こう言うとだいたい「酵素がー」とか言われるんですけどね。
その酵素が人体の中でどう必要十分に働くのか、生物資源学的に説明してほしいものです。
(一部は不十分には働きますよ、すりおろすとか100回噛むとかすれば)

まず細胞壁の破壊をしないと酵素は出てこないでしょー。
更に胃酸に晒されないように、できるだけ口の中に留めておきたいでしょー。
できれば活性温度の常温で時間置きたいよねー。

サラダをバリバリ食べる程度では、酵素なんてロクに働かないのです。
そんな効果が怪しいものより、体の冷えが心配なんですよね。
本当にダイレクトに冷えますから。冬だと体が震えるくらい。

あ、それとも酵素って、マイナスイオンみたいな偽用語なのかな。

※時間を置くってのがピンとこない人は、パイナップルやキウイで肉を漬け込むのを想像してください。あれはまぎれもなく酵素。
※胃酸に晒される前にってのは、酵素には最適pHというのがあるからです。胃酸は強酸性、酸っぱくない野菜の酵素がそんな環境で働くとは思えないのです。

 - 本日のお弁当 ,